教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和43年   小学校学習指導要領告示
昭和44年   中学校学習指導要領告示
昭和47年   沖縄返還
札幌冬季オリンピック開催
〜アメリカなどで,基礎・基本の重視を求めるBack to the Basics運動が盛んになる〜
〜指導内容の過密・行き過ぎなどが指摘されるようになる〜

昭和32年,ソ連が世界初の人工衛星「スプートニク」の打ち上げに成功したのをきっかけとして,欧米を中心に科学教育向上の気運が高まりました。数学教育においては,現代数学の急速な発展を背景に,集合論や位相数学などをとりいれたカリキュラム・教材が研究されるようになりました。こうした一連の流れは,数学教育の現代化と呼ばれています。

現代化の流れを受け,昭和44年に改訂中学校指導要領が公布されました。このときの中学校数学科の内容は, 数・式,関数,図形,確率・統計,集合・論理 の5つの領域に分けられ,そのうち「数・式」は,さらに「数」,「式」の2つの項目に分けられていました。 大日本図書は,「数学全体を1つのものとして一本の流れにしたがって指導し,統合的,発展的に考察し,処理する能力・態度を育成する」という考えにより,従来の「数量編」「図形編」という分割方式を改め,新しい章構成の『新数学』(昭和47年)を発行。その後,昭和50年,53年にも改訂版教科書を発行しています。

ここでは,昭和47年発行の『新数学』を紹介します。


目次ページ・単元構成

各学年ともに,数式→図形→数式→図形…→関数→統計という章構成です。これは当時の大日本図書数学における「数学は1本である」という考えがもとになっており,大変特徴のある構成であったといえます。

集合と論理の領域については,どんな数学的対象も集合としてとらえられる,という考えにより,すべての領域を包括するようにしてあります。

また,逆関数やゴム膜上の図形,線のつながりなど,現在の中学校数学にはない内容が数多く含まれており,この時代の数学教育に対する期待が感じられます。

なお,指導時間数は,全学年とも週4時間です。

中学校 新数学 1学年

第1章.数
第2章.いろいろな図形
第3章.正の数,負の数
第4章.図形の性質の調べ方
第5章.方程式・不等式
第6章.条件を満たす点
第7章.関数
第8章.統計
補充問題

拡大画像を見る
拡大画像を見る

中学校 新数学 2学年

第1章.数とその演算
第2章.図形の性質
第3章.式の計算
第4章.方程式と不等式
第5章.相似
第6章.一次関数
第7章.二元一次方程式
第8章.確率
第9章.数・式・図形の見方・調べ方
補充問題

拡大画像を見る
拡大画像を見る
中学校 新数学 3学年

第1章.式の計算
第2章.平方根
第3章.三平方の定理
第4章.一元二次方程式
第5章.円と球
第6章.関数
第7章.二元一次不等式
第8章.統計
第9章.数学の見方・考え方
中学校数学のまとめ

拡大画像を見る
拡大画像を見る

それでは,第1学年の教科書を中心に,具体的な学習内容を見ていきましょう。


内容紹介

拡大画像を見る

 

拡大画像を見る
数学の見方,調べ方

第2学年の最後には「数・式・図形の見方・調べ方」,第3学年の最後には「数学の見方・調べ方」という章が設けられています。これはこの教科書の基本方針である「数学は,統合発展的な体系である」という考えのもとに設けられました。

2学年の「§1 発見と証明」では,法則を推定し,観察や実測によって調べる帰納的推論や,根拠となることがらからすじみちをたてて考える演繹的推論の方法について学びます。また,「§2 点の対応」では,図形の移動や相似変換,合同変換を学習しています。最後に,「§3 新しい演算」として,円周上での加法や単位元,逆元の存在と意味,剰余系における演算などを学んでいます。

3学年では,「§1 図形の見方」でゴム膜状の図形など,位相的な性質や空間図形の線,面のつながりなどを学習します。続く「§2 数の集合とその組み立て」では,これまで学んできた実数の集合や四則演算について閉じているかどうかを調べ,中学校3年間の学習の総仕上げとして数の性質をまとめています。