教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)

学習指導要領(試案)が昭和22年に告示され,昭和24年以降,民間が編集する教科書が発行されるようになりました。大日本図書も『さんすう』(4年以降の書名は『算数』,以下同様)を昭和25年に発行しています。

その後『小学校学習指導要領』算数科編(試案)改訂版が26年12月に告示され,27年に大日本図書は『さんすう 新版』を発行しました。同時に『小学の算数』も別シリーズとして発行しています。

当時の学習指導要領は,児童の実際の生活場面のなかから題材を選び,算数の学習をするという「生活単元学習」というスタイルをとっていました。指導目標についても,現在とは大きく異なるものとなっていました。

ここでは昭和27年度版『さんすう 新版』を紹介します。実際の内容を見てみましょう。

当時の主な出来事
昭和21年   米国教育使節団報告書
日本国憲法公布
新算数教育研究会発足
昭和22年   教育基本法,学校教育法公布
学習指導要領(試案)告示
昭和24年   検定教科書使用開始
昭和26年   学習指導要領(試案)改訂版告示
サンフランシスコ平和条約,
日米安保条約締結
数学教育協議会発足
昭和27年   中央教育審議会設置
昭和29年   小平邦彦氏フィールズ賞受賞
昭和31年   全国一斉学力調査開始
昭和32年   ソ連が人工衛星の打ち上げに成功

目次ページ・単元構成

それではまず,目次と単元構成を見てみましょう。生活単元学習というだけあり,単元も数学的な内容を示すものではなく,学校や家庭での生活場面を表すものになっています。

さんすう1ねん−1   さんすう1ねん−2
一. きょうから一ねんせい
二. うんどうば
三. にちようび
四. かわあそび
五. ままごと
  七.えんそく
八.おちばひろい
九.さむさにまけるな
十.おしょうがつ
十一.たんじょうび
十二.つくしとり
(注:1年については目次ページがないため目次画像もありません。また,六単元は全学年夏休みの単元として設定されていましたが,1年のみ通常授業に繰り入れたため,欠番となっています。)

さんすう2ねん−1
一. あたらしいきょうしつ
二. わらびとり
三. たうえのてつだい
四. やさい
五. いなごとり
拡大画像を見る
さんすう2ねん−2
六. うんどうかい
七. いねのとりいれ
八. ゆうびんごっこ
九. おしょうがつ
十. ちょきん
十一.二年生のせいり
拡大画像を見る
さんすう3ねん−1
一. わたくしたちでできるしごと
二. まきば
三. 米やさんごっこ
四. 町ののりもの
五. 夏やすみのおけいこ
六. 二学きのひ用
拡大画像を見る
さんすう3ねん−2
七. わたくしたちの町
八. 新道ときゅう道
九. 大さむ小さむ
十. 新年
十一.どうぶつえんつくり
十二.三年生のまとめ
拡大画像を見る
算数4ねん−1
一. わたくしたちの学校
二. 母の日
三. えんそく
四. げんとうかい
五. 夏休みのおけいこ
六. 本道と新道
拡大画像を見る
算数4ねん−2
七. おお水
八. 店のてつだい
九. 学級新聞
十. もよう
十一.みかん山
十二.四年生のまとめ
拡大画像を見る
算数5ねん−1
一. 新学期のじゅんび
二. 店のてつだい
三. 乗り物の発たつ
四. 町と駅
五. 夏休みのおけいこ
六. 県えい運動場
拡大画像を見る
算数5ねん−2
七. ちょすいち
八. ことしの収かく高
九. わたくしたちの研究
十. 冬のねん料
十一.家のれきし
十二.五年生のまとめ
拡大画像を見る
算数6ねん−1
一. 牧畜
二. 村の事業
三. 1日の生活
四. 麦のとり入れ
五. 夏休み
六. 学校新聞
拡大画像を見る
算数6ねん−2
七. かいこんと国土
八. 石炭
九. 貯金
十. さぶちゃんの旅行記
拡大画像を見る
それではこの中から,1年生の「かわあそび」を見てみましょう。

内容紹介
拡大画像を見る
かわあそび

4単元「かわあそび」です。当時の「解説と指導(今でいう教師用指導書)」をみてみると,単元の目標には社会的目標と数学的目標が立てられています。

例えば社会的目標としては,「季節に即した健康な遊びをする。」,数学的目標としては「5までの数を合成分解して,数の構成について基礎的な学習をする。」などがあげられています。

また,この単元の学習のための教師の準備として「川あそびのできるところを見つけて,その川について調査をする。」とあります。指導例として,「人数を数える。川の中に5人,岸に5人,岸にいる5人は土手の上に2人,河原に3人。また岸にいる大人は1人,子供が4人。2つのグループで分けることは,児童自身では発見することができないので,適宜教師が指導して,引き出してやることが必要だ」と記述されています。

さらに生活単元学習の特徴として,1つの教材から複数の領域にまたがった学習内容を同時に行うことが挙げられます。ここでも上記の学習と同時に川の中の5人はだんだん遠くに行って深いところに入っていることから,「深い」,「浅い」,「遠い」,「近い」等の言葉の学習も同時に行うのです。こうして,実際の場でこれらの言葉に馴れさせ,しだいに生活の中で正しく使えるようにすることもここでの学習のねらいの1つです。

なお,この「1 かわべり」の配当時間は2時間です。