教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
平成10年   長野冬季オリンピック開催
小・中・高等学校学習指導要領告示
平成12年   教育改革国民会議設置
OECDが学習到達度調査(PISA)を開始
平成14年   日韓共催ワールドカップ開催
    〜学力低下論が活発になる〜
平成16年   PISA,TIMSS(平成15年調査)の結果が公表される
平成18年   教育再生会議設置
平成19年   全国学力・学習状況調査実施

平成年代に入ると,受験競争の行き過ぎや,児童・生徒の不登校,学級崩壊などのさまざまな教育問題が注目されるようになりました。そうした中,平成10年に改訂された学習指導要領では,ゆとりのなかで特色ある教育を展開し,自ら学び自ら考える力などの「生きる力」を育成することがねらいとされました。完全学校週5日制の実施にともない,指導内容が厳選される一方,総合的な学習の時間が新設され,算数・数学科では「算数的活動」「数学的活動の楽しさ」といった文言が目標に盛り込まれました。

大日本図書では,平成14年に『たのしい算数』を発行し,その後平成17年に『新版 たのしい算数』を発行しています。著作者代表は茨城大学名誉教授/聖徳大学名誉教授・平岡忠先生,横浜国立大学教授・橋本吉彦先生です。

平成17年度版の基本方針は次の5点です。

  • ○算数の楽しさや学ぶことの充実感を味わいながら学習を進めることができるようにする。
  • ○算数の内容の系統性を重視し,基礎的な知識・技能が確実に身に付くようにする。
  • ○算数的活動を重視し,多面的なものの見方や論理的な考え方を培うとともに,数量や図形についての感覚が豊かになるようにする。
  • ○主体的に問題を解決する活動を重視し,発展的に考える力が育つようにする

ここでは,平成17年発行の『新版 たのしい算数』を紹介します。


目次ページ・単元構成
各学年の総授業時数
  1年 2年 3年 4年 5年 6年
平成元年度版 850 910 980 1015 1015 1015
平成10年度版 782 840 910 945 945 945

平成10年度改訂の学習指導要領では,総授業時数が右の表のように削減され,学習内容も各教科,基本的に削減されました。 目次を見ると,特に5,6年生で「合同」「文字と式」「場合の数」などの単元がなくなっているのがわかります。また,全学年を通じて,後の学年へ学習内容が移されていることもわかります。

なお,平成14年版算数教科書から,全ページフルカラーになっています。さらに,判型は14年版では4年までがB5の大きい判になり,17年版で6年まで全てB5判になりました。

たのしいさんすう 1ねん
(0 なかよし) ※
1 10までの かず
2 じゅんばん
3 いくつと いくつ
4 あわせて いくつ ふえると いくつ
5 のこりは いくつ ちがいは いくつ
    ふくしゅう1
6 10より おおきい かず
7 いろいろな かたち
    ふくしゅう2
8 3つの かずの けいさん
9 たしざん
10 ひきざん
11 ながさくらべ
     ふくしゅう3
12 たしざんと ひきざん
13 100までの かず
     1ねんのふくしゅう
※「0 なかよし」は教科書上には明記していません。
拡大画像を見る

たのしいさんすう 2年上
1 2年生の 1日
2 たし算
3 ひき算
4 形づくり
    ふくしゅう1
5 100より 大きい 数
6 長さしらべ
    ふくしゅう2
7 たし算の ひっ算
8 ひき算の ひっ算
拡大画像を見る
たのしいさんすう 2年下
9 三角形と 四角形
    ふくしゅう3
10 かけ算
11 かけ算九九づくり
12 かけ算九九の ひょう
    ふくしゅう4
13 長い ものの 長さしらべ
14 たすのかな ひくのかな
     ふくしゅう5
15 1000より 大きい 数
     2年の ふくしゅう
拡大画像を見る
たのしい算数 3年上
1 かけ算
2 時こくと時間
3 3けたのたし算とひき算
    ふくしゅう1
4 水のかさ
5 わり算
6 三角形と四角形
    ふくしゅう2
7 あまりのあるわり算
拡大画像を見る
たのしい算数 3年下
8 長さ
    ふくしゅう3
9 かけ算のひっ算
10 ぼうグラフと表
11 10000より大きい数
     ふくしゅう4
12 2けたのかけ算
13 重さ
14 箱の形
● そろばん
    3年のふくしゅう
拡大画像を見る
たのしい算数 4年上
1 大きな数
2 円と球
    ふくしゅう1
3 わり算の筆算
4 三角形と角
5 小数
    ふくしゅう2
6 折れ線グラフと表
拡大画像を見る
たのしい算数 4年下
7 およその数
    ふくしゅう3
8 2けたでわる計算
9 角の大きさ
10 分数
     ふくしゅう4
11 式と計算
12 面積
13 かわり方
     4年のふくしゅう
拡大画像を見る
たのしい算数 5年上
1 小数
2 整数の見方と計算
3 垂直と平行
    復習1
4 小数のかけ算とわり算
5 いろいろな四角形
    復習2
6 分数
7 図形の角の大きさ
    復習3
拡大画像を見る
たのしい算数 5年下
8 小数をかける計算
9 小数でわる計算
10 四角形と三角形の面積
11 分数と小数,整数
     復習4
12 割合とグラフ
13 円
     5年の復習
拡大画像を見る
たのしい算数 6年上
1 数や図形の見方
2 分数のたし算とひき算
    復習1
3 直方体と立方体
4 体積
    復習2
5 平均
6 単位量あたりの大きさ
拡大画像を見る
たのしい算数 6年下
7 分数と整数のかけ算・わり算
    復習3
8 角柱と円柱
9 分数のかけ算とわり算
10 比
     復習4
11 比例
     6年のまとめ
● わくわく算数テーマパーク
拡大画像を見る

それでは,この時代の教科書の特徴を見ていきましょう。


内容紹介
拡大画像を見る
拡大画像を見る
算数的活動

平成10年度改訂の指導要領では「算数的活動」が強調され,児童の主体的な活動が重視されました。さらに「算数における活動は作業的・体験的な活動だけで終わるものではなく,次第に具体物を用いなくても念頭での思考活動ができるようになってくる。そのためにも,具体物を用いたり,実際に作業や体験をする活動に十分に取り組めるようにすることが必要である」(平成11年5月発行小学校学習指導要領解説 算数編p.10)とされました。

教科書上では,低・中学年を中心に,作業的・体験的な活動が扱われ,学年があがるにつれて念頭での思考活動が重視されています。