教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和32年   高等学校学習指導要領告示
昭和33年   小・中学校学習指導要領告示
    数学教育現代化運動が活発になる
昭和38年   教科書無償措置法成立
昭和39年   東京オリンピック開催
全国一斉学力調査廃止
昭和40年   日韓基本条約締結

昭和36年から昭和45年までは系統学習時代といわれています。

生活単元学習に基づく教育に対し,学力の低下が叫ばれ,算数・数学の目標をどうとらえるのか,身につけさせるべき学力とは何かが論じられました。

告示された学習指導要領では,算数・数学の系統性が強調され,学習内容はおおよそ戦前と同程度のものとなりました。

また,この時代の学習指導要領から「試案」の位置づけではなくなり,文部省告示として示されました。さらに,昭和38年には教科書の無償措置についての法律が制定されています。

大日本図書では,昭和36年に『さんすう』を発行し,その後昭和40年,43年にも改訂をおこなっています。

ここでは,昭和40年発行の『さんすう 改訂版』を紹介します。


目次ページ・単元構成

では,昭和40年発行の『さんすう 改訂版』の目次を見てみましょう。

生活単元学習時代と違い,何を学習するのかわかりやすくなりましたね。

面白いのは,この時代には5の段までは2年で,それ以上の段は3年で学習していたことがわかります。

さんすう1ねん
1. がっこう
2. どうぶつ
3. かたちあつめ
4. すなば
5. ほんだな
6. いろいたならべ
7. かずあそび
8. じゃんけんあそび
9. いちにち
10. おはじきとり
11. くらべっこ
12. 7にんのこびと
13. にちようび
14. すずめのがっこう
15. いろがみ
16. かたちつくり
17. かあどつくり
18. もうすぐお正月
19. かれんだあ
20. たしざん
21. たまいれ
22. ひきざん
23. きょうしつ
拡大画像を見る

さんすう2ねん1
1. 2ねんせい
2. たしざん(1)
3. ものさし
4. とけい
5. ひきざん(1)
6. かたちしらべ
7. いろいろなもんだい
8. たしざん(2)
9. ひきざん(2)
10. たしかめかた
拡大画像を見る
さんすう2ねん2
11. たしざん(3)
12. てんきしらべ
13. ひきざん(3)
14. ながさしらべ
15. はこつくり
16. カレンダー
17. くらべっこ
18. かけざん
19. いろがみ
拡大画像を見る
さんすう3ねん1
1. かけざん九九
2. いれもののかさ
3. かけざん(1)
4. 大きなかず
5. かけざん(2)
6. 長さと時間
7. わりざん(1)
8. かたち
拡大画像を見る
さんすう3ねん2
9. わりざん(2)
10. わりざん(3)
11. もののおもさ
12. ひょうとグラフ
13. 分数
14. 小数
15. こまつくり
16. かけざん(3)
17. かけざん(4)
拡大画像を見る
算数4年1
1. かけ算
2. わり算
3. 角と直線
4. 三角形と四角形
5. 大きな数
6. かけ算とわり算
7. 式と計算
8. しゅ算
9. 小数
10. 小数のかけ算とわり算
拡大画像を見る
算数4年2
11. 面積
12. 表とグラフ
13. 式を使う
14. 直方体と立方体
15. 分数
16. 分数の計算
17. 時間の計算
18. 体積
19. くらべ方
20. 量のはかり方と表し方
拡大画像を見る
算数5年1
1. 大きな数
2. 整数のかけ算とわり算
3. 三角形と四角形
4. 小数のかけ算
5. 小数のわり算
6. 面積と体積
7. 平均とグラフ
8. 円と正多角形
9. 分数の大きさ
拡大画像を見る
算数5年2
10. 分数と小数
11. 分数のたし算とひき算
12. ととのった形
13. 百分りつと歩合
14. 割合の計算
15. 分数のかけ算とわり算
16. 年令と時間の計算
17. いろいろな割合
18. 帯グラフと円グラフ
拡大画像を見る
算数6年1
1. 概算
2. 分数のかけ算
3. 場合の数
4. 分数のわり算
5. 角柱と角すい
6. 円柱と円すい
7. 計算のくふう
8. 角柱と円柱の体積
9. 公式の使い方
拡大画像を見る
算数6年2
10. 比と比の値
11. 割合の計算
12. 回転体
13. 比例
14. 反比例
15. 縮図
16. 表とグラフ
17. 6年間のまとめ
拡大画像を見る
それでは,学習の系統性がどのように反映されているか,内容を見てみましょう。

内容紹介
拡大画像を見る
拡大画像を見る
基礎経験と水のかさ

ではまず,どう「系統」立てて学習していたのか,一例をご紹介します。

体積の学習は現在3年生で水のかさ,6年生で体積を学習しています。途中に面積の学習はするものの,1,2年,4,5年では体積の学習はしません。しかし,系統学習時代には1〜6年まで発達段階に応じて,系統的に学習していました。

1年では基礎経験として,水などをコップで測り,単位の考え方や,量の表し方などに着目させています。

3年ではリットルやデシリットルを学習します。また,3年で小数を学習するので,小数の単元のなかに,「4リットル3デシリットルはなんリットルでしょう。」といった問題も入っていました。