教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和52年   小学校・中学校学習指導要領告示
昭和53年   日中平和友好条約締結
高等学校学習指導要領告示
昭和54年   国公立大学入試共通一次試験が始まる
昭和59年   臨時教育審議会設置

世界的な規模で展開された現代化運動でしたが,学校現場では,集合などの新しい内容や過多な学習内容に対するとまどいも少なくありませんでした。しだいに,マスコミからも「落ちこぼれ」などのことばで現代化批判がなされ,またアメリカでは「Back to the Basics(基礎・基本に帰れ)」運動が広がりを見せるようになります。

こうした流れのなかで昭和52年に改訂された学習指導要領では,「ゆとりと充実」がキーワードとしてかかげられ,基礎的な知識・技能を重視し,基本的な概念の理解を目指すため,学習内容が精選されました。

この改訂の基本的な考えとなったのは,次のようなことがらです。
1 中学校数学の指導内容における基礎的な知識,基礎的な技能について再検討する。
2 生徒の発達段階に適した内容の程度,分量及び取り扱いについて再検討する。
3 数学的な考え方や数学的に処理する能力,態度の育成をより一層はかるよう配慮する。
4 実質的な小・中・高の一貫性をはかる。 (昭和56年発行「教師用指導書」より)
これらの考え方をふまえ,大日本図書では,従来の教科書の指導内容を分析・調査し,新たな編集方針のもとに昭和56年に『中学校数学』を発行します。その後,昭和59年,62年,平成2年にも改訂版教科書を発行しています。

ここでは,昭和56年発行の『中学校数学』を紹介します。


目次ページ・単元構成

配列は各学年ともに「数と式」→「図形」→「数量関係」の構成になっています。

「集合・論理」の領域は削除されましたが,教師用指導書の解説によると,集合,関数,構造といった数学的基礎概念は依然として重要であるため,用語にはこだわらず必要に応じて集合の概念を扱っていくとしています。

中学校 数学 1

第1章.整数
第2章.正の数,負の数
第3章.文字と式
第4章.1次方程式
第5章.空間の図形
第6章.図形と量
第7章.条件を満たす点
第8章.量の変化と比例
1年の復習

拡大画像を見る
拡大画像を見る

中学校 数学 2

第1章.式と計算
第2章.1次不等式
第3章.角と平行線
第4章.図形の合同
第5章.三角形と四角形
第6章.相似と比
第7章.1次関数
第8章.連立方程式
第9章.統計
2年の復習

拡大画像を見る
拡大画像を見る
中学校 数学 3

第1章.多項式
第2章.平方根
第3章.三平方の定理
第4章.2次方程式
第5章.円
第6章.相似と量
第7章.関数
第8章.確率と統計
数学の歩み
中学校数学のまとめ

拡大画像を見る
拡大画像を見る

それでは,第1学年の教科書を中心に,この時代の教科書の特徴を見ていきましょう。


内容紹介

拡大画像を見る

 

教科書の構成

この教科書では,各章の内容を項という学習単位で構成し,学習のねらいや学習のステップを鮮明にする試みを始めています。章の導入ページや各項の冒頭の(問題)を設けているのも特徴です。

これまでの教科書に比べて写真やイラストが増え,教科書の本文ページには2色刷が採用されています。

なお,週あたりの指導時間数は,1年3時間,2年と3年はそれぞれ4時間です。