教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
著者一覧を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)

戦後の新しい教育制度のもとで,昭和22年に初代学習指導要領(試案)が告示されました。『日常の数学』(昭和25年)は,大日本図書が民間企業として発行した最初の中学校数学教科書です。昭和26年の学習指導要領改訂を受けて,昭和27年には新訂版を発行しています。

生活経験のなかから数学の学習を展開するというスタイルで,「生活単元学習」といわれています。

ここでは,昭和27年発行の『新訂版 日常の数学』を紹介します。

当時の主な出来事
昭和21年   米国教育使節団報告書
日本国憲法公布
新算数教育研究会発足
昭和22年   教育基本法,学校教育法公布
学習指導要領(試案)告示
昭和24年   検定教科書使用開始
昭和26年   学習指導要領(試案)改訂版告示
サンフランシスコ平和条約,
日米安保条約締結
数学教育協議会発足
昭和27年   中央教育審議会設置
昭和29年   小平邦彦氏フィールズ賞受賞
昭和31年   全国一斉学力調査開始
昭和32年   ソ連が人工衛星の打ち上げに成功
目次ページ・単元構成

各学年とも上,下2分冊となっていて,Tが上巻,Uが下巻の内容です。 生活単元学習と呼ばれるだけあって,日常生活に密着した単元名が並んでいます。 最後の「1年のまとめ」は領域別の構成になっており,問題だけでなく重要事項がまとめられています。巻末には答えも掲載されています。

下の内容紹介で,1年上単元1「私たちの学校」の一部をご紹介します。

新訂版 日常の数学 1−上
単元1. 私たちの学校
単元2. 身体検査
単元3. 私たちの食事
単元4. 私たちのスポーツ
拡大画像を見る
新訂版 日常の数学 1−下
単元5.遠足
単元6.私たちと商店
単元7.私たちの住居
1年のまとめ

新訂版 日常の数学 2−上
単元1. 村と町
単元2. 生産と貯蓄
単元3. 物の形
単元4. 地図ができるまで
計算のまとめ(T)
拡大画像を見る
新訂版 日常の数学 2−下
単元5. 自然の力
単元6. はかりのある生活
単元7. 数と私たち
単元8.式とそのやくめ
計算のまとめ(U)
新訂版 日常の数学 3−上
単元1. 地球と暦
単元2. わが国の人口
単元3. 形と私たち
単元4. 生産と金融
拡大画像を見る
新訂版 日常の数学 3−下
単元5. 財政と納税
単元6. 計画ある家庭生活
単元7. 規格と産業
中学校数学のまとめ

内容紹介
拡大画像を見る
私の1日

単元1「私たちの学校」の第1章「私の1日」です。この単元を指導するに当たって,当時の教師用指導書では,次のように述べられています。

「新しい学校生活にはいり,いままでより高度の社会生活をするようになったときを契機として,社会人としての教養を積み,新しい心構えで社会生活をより一層有意義なものとしていくことは大切なことである。

子どもたちの新しい学校生活に対する深い関心をできるだけ生かし,お互いに協力してよりよい学校生活を営もうとする意欲を十分に活用してこの単元を展開していきたい。」

このような理念のもとに,「私の1日」では,一日の生活と,そのなかに含まれる学校生活との関連を問題として,正しい日課表を作ることを中心に学習が進められています。

2章「私たちの学校」では,学校の記章と図面を中心として,学校のようすを知るための学習をします。