教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和32年   高等学校学習指導要領告示
昭和33年   小・中学校学習指導要領告示
    数学教育現代化運動が活発になる
昭和38年   教科書無償措置法成立
昭和39年   東京オリンピック開催
全国一斉学力調査廃止
昭和40年   日韓基本条約締結

昭和36年から昭和45年までは系統学習時代といわれています。

生活単元学習に基づく教育に対し,学力の低下が叫ばれ,算数・数学の目標をどうとらえるのか,身につけさせるべき学力とは何かが論じられました。

告示された学習指導要領では,算数・数学の系統性が強調され,学習内容はおおよそ戦前と同程度のものとなりました。

また,この時代の学習指導要領から「試案」の位置づけではなくなり,文部省告示として示されました。さらに,昭和38年には教科書の無償措置についての法律が制定されています。

大日本図書では,昭和37年に『中学校数学』を発行し,その後昭和41年,44年に改訂しています。

ここでは,昭和37年版を紹介します。


目次ページ・単元構成

各学年とも前半が数量編,後半が図形編の構成です。

このようにすることで数学のすじ道を明らかにし,数量編と図形編の内容を相互に関連づけながら,数学の力をつけることを意図しています。

また,指導のしかたとしては,1人もしくは2人の先生が,各編を並行して指導されることを想定しています。

なお,3学年用の教科書は必修用と必修・選択用の2種類が発行されています。

中学校 数学 1学年

【数量編】
第1章.数とその計算
第2章.文字と式
第3章.比と比例
第4章.正の数,負の数
第5章.近似値と計算尺
補充の問題

【図形編】
第1章.図形の見方・かき方
第2章.平面図形のかき方と性質
第3章.立体とその表わし方
補充の問題

拡大画像を見る

中学校 数学 2学年

【数量編】
第1章.式の計算
第2章.一次方程式
第3章.連立方程式
第4章.式の値の変化とグラフ
補充の問題

【図形編】
第1章.図形の性質の調べ方と確かめ方
第2章.合同
第3章.図形の性質
第4章.相似
補充の問題

拡大画像を見る
中学校 数学 3学年(必修用)
【数量編】
第1章.式の計算
第2章.連立一次方程式と一次関数
第3章.二次方程式
第4章.二次関数とグラフ
第5章.統計

【図形編】
第1章.円と球
第2章.直角三角形
第3章.三角比
中学校数学のまとめ
拡大画像を見る
中学校 数学 3学年
(必修・選択用)

【数量編】
第1章.式の計算
第2章.連立一次方程式と一次関数
第3章.二次方程式
第4章.二次関数とグラフ
第5章.統計

【図形編】
第1章.円と球
第2章.点の運動
第3章.直角三角形
第4章.三角比
中学校数学のまとめ

拡大画像を見る

それでは,下の内容紹介で,1年の数量編と図形編について見てみましょう。


内容紹介
内容紹介
拡大画像を見る
数量編

1年の数量編は,
    第1章 数とその計算
    第2章 文字と式
    第3章 比と比例
    第4章 正の数,負の数
    第5章 近似値と計算尺
という構成です。

現在の教科書と大きく異なる点は,文字式と正負の数の指導順序です。これについては,教師用解説書でも触れられており,小学校算数での経験をふまえ,文字を「省略記号」として早期に導入し,十分に親しんでからまずは正の範囲での数値を代入したり,式の値を求めたりすることとしています。それを通して文字がいろいろな数を表すことや任意の数を表すことを理解させること,続いて正負の数を導入することにより文字についての理解を一層深め,整式の意味理解と四則へと発展させていくことが望ましいとされています。

なお,文字の計算や1次方程式は第2学年で学習します。