教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和52年   小学校・中学校学習指導要領告示
昭和53年   日中平和友好条約締結
高等学校学習指導要領告示
昭和54年   国公立大学入試共通一次試験が始まる
昭和59年   臨時教育審議会設置

世界的な規模で展開された現代化運動でしたが,学校現場では,集合などの新しい内容や過多な学習内容に対するとまどいも少なくありませんでした。しだいに,マスコミからも「落ちこぼれ」などのことばで現代化批判がなされ,またアメリカでは「Back to the Basics(基礎・基本に帰れ)」運動が広がりを見せるようになります。

こうした流れのなかで昭和52年に改訂された学習指導要領では,「ゆとりと充実」がキーワードとしてかかげられ,基礎的な知識・技能を重視し,基本的な概念の理解を目指すため,学習内容が精選されました。

大日本図書では,昭和55年に『たのしい算数』を発行し,その後昭和58年,61年,64年に改訂をおこなっています。著作者代表は立教大学教授・赤攝也先生,横浜国立大学教授・片桐重男先生,横浜大学教授・京浜女子大教授・金子英夫先生でした。 ここでは,昭和55年発行の『たのしい算数』を紹介します 。


目次ページ・単元構成

1年では「たしざんとひきざんのつかいかた」,2年では「たしざんとひきざん」という演算決定の単元がありました。また,3年では初めてかけ算を学習する単元を「かけ算の式」,初めてわり算を学習する単元を「わり算の式」といっていました。さらに,6年では今では扱っていない図形の相互関係を学習する「図形の関係」という単元がありました。

たのしいさんすう1ねん
1 なかまあつめ
2 どちらがおおい
3 10までのかず
4 じゅんばん
5 とけい
6 いくつといくつ
7 20までのかず
8 おはなしとしき
9 かたちあつめ
10 ながさくらべ
11 たしざんとひきざん(1)
12 けいさんのけいこ(1)
13 たしざんとひきざんのつかいかた(1)
14 おおきさくらべ
15 たしざんとひきざん(2)
16 けいさんのけいこ
17 たしざんとひきざんのつかいかた(2)
18 100までのかず
19 たしざんとひきざん(3)
20 かたちづくり
21 わけかた
22 たしざんとひきざんのつかいかた(3)
拡大画像を見る

たのしいさんすう2年上
1 1000までのかず
2 たしざん
3 ひきざん
4 せいりのしかた
5 時こくと時間
6 ながさとかさ
7 たしざんとひきざん
拡大画像を見る
たのしいさんすう2年下
8 大きなかず
9 かけざん(1)
10 かけざん(2)
11 かぞえかたとあらわしかた
12 いろいろなかたち
拡大画像を見る
たのしい算数3年上
1 かけ算の式
2 わり算の式
3 あまりのあるわり算
4 分数
5 大きな数
6 小数
7 かけ算のひっ算
拡大画像を見る
たのしい算数3年下
8 長さのはかり方
9 わり算のひっ算
10 円と球
11 時こくと時間
12 2けたのかけ算
13 □をつかった式
14 重さ
15 ぼうグラフと表
16 三角形と角
そろばん
拡大画像を見る
たのしい算数4年上
1 角
2 かけ算とわり算
3 表とグラフ
4 わり算
5 整数
6 式と計算
7 小数
拡大画像を見る
たのしい算数4年下
8 小数のかけ算とわり算
9 四角形
10 面積
11 分数
12 直方体と立方体
    しゅ算
拡大画像を見る
たのしい算数5年上
1 体積
2 小数のかけ算とわり算
3 整数・小数と計算
4 合同
5 整数の性質
6 分数と小数
拡大画像を見る
たのしい算数5年下
7 三角形や四角形の面積
8 分数のたし算とひき算
9 分数のかけ算とわり算
10 単位量あたりの大きさ
11 正多角形と円
12 百分率
13 帯グラフと円グラフ
拡大画像を見る
たのしい算数6年上
1 分数の計算
2 比
3 拡大図と縮図
4 比例関係
5 図形の関係
6 対称な図形
拡大画像を見る
たのしい算数6年下
7 立体
8 平均とちらばり
9 グラフの使い方
10 数と計算
11 測定と単位
     6年のまとめ
拡大画像を見る

それでは,第1学年の教科書を中心に,具体的な学習内容を見ていきましょう。


内容紹介
拡大画像を見る
拡大画像を見る
中心的課題の明示と興味を高める課題の工夫

学習指導要領において学習内容が精選されるとともに,教科書上では指導の要点が明確になるような工夫が登場します。

この時代の大日本図書の「たのしい算数」では,複数の課題のうち中心となる課題がどれかを明確にするために,中心となる課題の上下を太線で挟んで明示しています。これによって,指導の要点をどこにおいたらよいかがわかるようにし,内容の精選,重点化をはかったのです。

また,児童の思考の発達段階や既習の経験を考慮した課題,児童の学習意欲を喚起する課題となるように工夫されています。