教科書いまむかし 教科書いまむかしトップへ
教科書表紙
著者一覧を見る
学習指導要領を見る
(国立教育政策研究所内コンテンツ  「学習指導要領データベース」へリンク)
当時の主な出来事
昭和43年   小学校学習指導要領告示
昭和44年   中学校学習指導要領告示
昭和47年   沖縄返還
札幌冬季オリンピック開催
〜アメリカなどで,基礎・基本の重視を求めるBack to the Basics運動が盛んになる〜
〜指導内容の過密・行き過ぎなどが指摘されるようになる〜

昭和32年,ソ連が世界初の人工衛星「スプートニク」の打ち上げに成功したのをきっかけとして,欧米を中心に科学教育向上の気運が高まりました。

数学教育においては,現代数学の急速な発展を背景に,集合論や位相数学などをとりいれたカリキュラム・教材が研究されるようになりました。

こうした一連の流れは,数学教育の現代化と呼ばれています。

現代化の流れを受けた昭和43年改訂の小学校学習指導要領は,集合が学習内容として取り入れられるともに,「数学的な考え方」が一層強調されたものとなりました。

大日本図書では,昭和46年に『小学校新算数』を発行し,その後昭和49年,52年に改訂をおこなっています。

著作者代表は京都大学名誉教授・東京教育大学名誉教授・前群馬大学長の秋月康夫先生でした。

ここでは,昭和46年発行の『小学校新算数』を紹介します。


目次ページ・単元構成

では,昭和46年発行の『小学校新算数』の目次を見てみましょう。

現代化の象徴としてよく取り上げられる「集合」は4年の目次に見られます。

また,割合,式・公式,表・グラフを扱っていた数量関係が,関数,式表示,統計(集合を含む)を扱う数量関係に変更されました。

しんさんすう1ねん
1. なかまあつめ
2. どちらがおおい
3. かず
4. すうじ
5. かたちあつめ
6. いくつといくつ
7. かずあて
8. じゅんばん
9. 20までのかず
10. とけい(1)
11. おおきさくらべ
12. ながさしらべ
13. ふえたりへったり
14. たしざん(1)
15. とけい(2)
16. ひきざん(1)
17. かーどさがし
18. 100までのかず
19. たしざん(2)
20. いろいたならべ
21. ひきざん(2)
22. たしざんとひきざん
23. わけかた
拡大画像を見る

しんさんすう2ねん1
1. 大きなかず
2. グラフとひょう
3. たしざん
4. 見かた・かんがえかた(1)
5. ひきざん
6. ながさ
7. たしざんとひきざん
8. かさ
9. 直角
10. いちのあらわしかた
拡大画像を見る
しんさんすう2ねん2
11. じこくとじかん
12. 見かた・かんがえかた(2)
13. たしざんとひきざんのもんだい
14. 見かた・かんがえかた(3)
15. かけざん
16. カレンダー
17. かけざん九九(1)
18. かけざん九九(2)
19. かけざん九九(3)
20. 見かた・かんがえかた(4)
21. わけた大きさ
拡大画像を見る
新算数3年1
1. 大きな数
2. ぼうグラフ
3. かけ算(1)
4. 時間と道のり
5. 見方・考え方(1)
6. かけ算のきまり
7. 円と球
8. そろばん
9. わり算(1)
10. わり算(2)
11. 分数
拡大画像を見る
新算数3年2
12. ひょうとグラフ
13. おもさ
14. わり算(3)
15. 見方・考え方(2)
16. 小数
17. かけ算(2)
18. 見方・考え方(3)
19. わり算(4)
20. 三角形
21. かけ算(3)
拡大画像を見る
新算数4年1
1. 整数
2. かけ算とわり算
3. 集合の考え
4. おれ線グラフ
5. 見方・考え方(1)
6. 角
7. 小数
8. 垂直と平行
9. 三角形と四角形
10. 見方・考え方(2)
11. 小数のかけ算
拡大画像を見る
新算数4年2
12. 小数のわり算
13. 式と計算
14. 面積
15. 式の使い方
16. 見方・考え方(3)
17. 分数
18. 見方・考え方(4)
19. 直方体と立方体
20. 体積
21. 見方・考え方(5)
22. 時間の計算
拡大画像を見る
新算数5年1
1. 数のしくみ
2. 三角形と四角形
3. 小数のかけ算
4. 小数のわり算
5. 面積
6. 見方・考え方(1)
7. 分数と小数
8. 分数のかけ算とわり算
9. 見方・考え方(2)
10. 平均とちらばり
11. 分数のたし算とひき算
拡大画像を見る
新算数5年2
12. 円と正多角形
13. 文字を使った式
14. 対称な図形
15. 割合
16. 速さ
17. 見方・考え方(3)
18. 帯グラフと円グラフ
19. 数量のかわり方
20. 見方・考え方(4)
拡大画像を見る
新算数6年1
1. 分数のかけ算
2. 分数のわり算
3. 角柱・円柱と角すい・円すい
4. 見方・考え方(1)
5. 数のしくみと使い方
6. 立体の見方
7. 見方・考え方(2)
8. 角柱・円柱の表面積と体積
9. 比
10. 比例
拡大画像を見る
新算数6年2
11. 反比例
12. 計算のきまりとその使い方
13. 見方・考え方(3)
14. 縮図と拡大図
15. ともなって変わる量
16. 見方・考え方(4)
17. 式の見方
18. 表とグラフ
19. 測定と単位
20. 見方・考え方(5)
21. 6年のまとめ
拡大画像を見る
ここでは,その中から「集合」と「関数」についてご紹介します。

内容紹介
集合という概念

集合というと記号「{ },⊂」や「空集合」などの用語を連想しますが,現代化当時の集合の概念は「算数」の全ての概念を明確にするために必要な基礎的概念と位置づけられていました。

指導書には「集合は新しい数学的な概念として取り入れられたものであるが,集合の考えは数・量・図形に関する諸概念を明確にするために常に必要な基礎的概念である。したがって『集合』という特定の領域があるわけではなく,数・量・図形の指導にあたって絶えず集合の考えを必要とするものであり,集合の考えを用いることによって数・量・図形についての諸概念が明確になるとともに,数・量・図形の指導を通して集合の概念が明確になり,そのよさも理解されるものであるといえる。」とあります。