文部科学省『教育用コンテンツ開発事業』
数学イメージ動画集
1年;正の数,負の数/反対向きの性質
反対向きの性質を持った数量をカエルの動きで考えます。
ある基準を $0$ とすると,一方の数量を+,他方の数量は−で表すことができます。
右に $3$ 進むことを「$+3$」とすれば,左に $3$ 進むことは「$-3$」となります。
実施時期 1年生1学期(4月)
単元項目 1章1節 正の数,負の数
(p.13)
配当時数 4時間
指導内容 数量の表し方
静止画を保存 動画を保存
数学トップへ戻る