BACK TOPページへ戻る NEXT

(15)1次関数のグラフ(1)

実施時期 :2年生2学期(9月)

単元項目 :3章 1次関数
       :
1節 1次関数 
       :
5 1次関数のグラフ(1 )

配  時  :1時間

指導内容 :1次関数のグラフは直線になること
        1
次関数のグラフと
               比例のグラフとの関係

 切片y=2x+bのb(切片)の値を変化させてみます。そうすると、1次関数y=ax+bのグラフは、y=axのグラフをy軸の正の向きに、bだけ平行に移動させたものであるということがわかります。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.99MB
(16) 1次関数のグラフ(2)

実施時期 :2年生2学期(9月)

単元項目 :3章 1次関数
       :1節 1次関数 
       :
6 1次関数のグラフ(2)

配  時  :1時間
指導内容 :グラフの傾き/直線の式
 y=axのaの値を変化させてみます。そうすると、aの値はこのグラフ、つまりこの直線の傾き具合を表しており、aが0より大きいときは右上がりに、0よりも小さいときは右下がりになります。
  静止画 320×240表示 動画再生 3.00MB
(17) 1次関数と図形

実施時期 :2年生2学期(10月)
単元項目 :3章 1次関数
       :3節 1次関数の利用 
       :3 1次関数と図形
配  時  :1時間
指導内容 :1次関数を利用して、
              図形の問題を解くこと
 三角形ABCのBC間に点Pをとり、PをBからCに向かって移動させた時の三角形APCの面積の変化を考えてみます。Pが動くにつれて三角形APCの面積は一定の割合で減少し、三角形APCの面積yはBPの長さxの1次関数となります
  静止画 320×240表示 動画再生 2.94MB
▲ページ先頭へ戻る
(18)多角形の外角

実施時期 :2年生2学期(10月)
単元項目 :4章 平行と合同
       :1節 角と平行線 
       :2 多角形の外角
配  時  :1時間
指導内容 :外角の意味
        多角形の外角の和の求め方
 五角形の外角を全部あわせると360度です。同様に、他の多角形でもやはり外角の和は360度になります。このことから、多角形の外角の和はいつも360度になるということがわかります。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.19MB
当コンテンツを用いた授業例
  授業例動画   4.46MB 指導案    
(19)中点連結定理

実施時期 :2年生3学期(2月)
単元項目 :6章 定理の発見と証明
       :1節 平行線と三角形 
       :1 中点連結定理
配  時  :1時間
指導内容 :中点連結定理とその証明
 少年が懸命に頂点を引っ張っていますが、ゴムの中点を結んだ赤い線はいっこうに変化しません。つまり、三角形の2つの辺の中点を結ぶ線分は、残りの辺に平行であり、長さはその半分になるのです。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.91MB
▲ページ先頭へ戻る
(20)円周角

実施時期 :2年生3学期(2月)
単元項目 :6章 定理の発見と証明
       :2節 円周角の定理 
       :1 円周角
配  時  :1時間
指導内容 :円周角の意味
        1つの弧に対する円周角の大きさ
 円の弧ABの上に点Pをとり、A,BとPを結んでできる∠APBの大きさ(円周角)を考えます。円周角∠APBの大きさは、Pが弧AB上を動いても常に一定であることがわかります。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.79MB
BACK TOPページへ戻る NEXT