2012/09/11
  • 中学校 理科

平成24年度用 理科の世界 3年 教科書の訂正

平成25年度用教科書より修正を行う箇所について,下記の通りお知らせいたします。

ご迷惑をおかけいたしますこと,謹んでお詫び申し上げます。

p.14
2行目4行目,および 左側の図にA,B,Fを追加/右側の図のA,B,Fをそれぞれ力A,力B,力Fと修正/それに伴いp.12-p.13実験2の手順2および3の図でA,B,Fの位置を移動し,手順4にA,Bを追加

原文

理科の世界3年 p.14

修正文

理科の世界3年 p.14 新


p.37
問い
原 文
慣性の法則とは何か
修正文
慣性の法則とは,どんな法則か

p.43
実験6 手順1

原文

理科の世界3年 p.43 実験6 手順1

修正文

理科の世界3年 p.43 実験6 手順1 新


p.43
実験結果から考えてみよう
原 文
そのまま持ち上げたときと
修正文
直接持ち上げたときと

p.44
実験結果の例 表

原文

理科の世界3年 p.44 実験結果の例 表

修正文

理科の世界3年 p.44 実験結果の例 表 新


p.44
1-3行目
原 文
動滑車を使ったときのほうが力は少なくてすむが,糸を引く距離は長くなる。
修正文
動滑車を使ったときのほうが力は少なくてすむ。しかし,糸を引く距離は直接持ち上げた距離よりも長くなる。

p.44
9-11行目
原 文
直接手でおもりを持ち上げた場合の2倍になる。そのため,動滑車を使ったときとそのまま持ち上げたときでは,
修正文
直接手でおもりを持ち上げた距離の2倍になる。そのため,動滑車を使ったときと直接持ち上げたときとでは,

p.73
問題7 図 および

原文

理科の世界3年 p.73 問題7

修正文

理科の世界3年 p.73 問題7 新


p.90
図14 左上スケール(ヒキガエルの精子)

原文

理科の世界3年 p.90 図14 ヒキガエルの精子

修正文

理科の世界3年 p.90 図14 ヒキガエルの精子 新


p.102
トピックの図

原文

理科の世界3年 p.102 トピックの図

修正文

理科の世界3年 p.102 トピックの図 新


p.122
図7
原 文
モグラなど(消費者)
修正文
モグラなど

p.122
図7
原 文
ムカデなど(消費者)
修正文
ムカデなど

p.135
必要なもの 「豆電球」を追加

p.139
必要なもの 「こまごめピペット」「試験管」「試験管立て」を追加

p.148
側注

原文

理科の世界3年 p.148 側注

修正文

理科の世界3年 p.148 側注 新


p.163
必要なもの 「こまごめピペット」を追加

p.165
問い
原 文
酸性アルカリ性の両方共に通する性質は何か。
修正文
酸性アルカリ性の水溶液に共通する性質は何か。

p.163
必要なもの 「三脚」「金網」「色つき蒸発皿」「加熱器具」を追加

p.174
実験7の結果 写真を追加
※以降p.177までの図番号が1つずつ繰り下がります。

修正文

理科の世界3年 p.174 図37 新


p.175
3行目
原 文
塩酸の電離を式で表す。
修正文
塩酸中での塩化水素の電離を式で表す。

p.175-176
やってみよう および 本文 水酸化ナトリウムの代わりに酢酸ナトリウムなどを入れると,水が生成しない操作でも青色の呈色が表れることがあり,中和による水の確認となっているか判断ができないため

原文

理科の世界3年 p.175-p.176 やってみよう および 本文

修正文

理科の世界3年 p.175-p.176 やってみよう および 本文 新


p.185
問題5④
原 文
電極のようすはどのように変化するか答えなさい。
修正文
電極Yの気体が発生するようすはどのように変化するか答えなさい。

p.232
3行目
原 文
太陽系の外側には太陽系の1000倍の空間を考えても,天体は存在しない。
修正文
太陽系の外側には太陽から海王星までの距離の1000倍の空間を考えても,恒星は存在しない。

p.241
問8の図2

原文

理科の世界3年 p.241 問8の図2

修正文

理科の世界3年 p.241 問8の図2 新


p.268
8行目 および 側注★2
原 文
遺骸
修正文
死がい

p.269
図28 原子力発電

原文

理科の世界3年 p.269 図28 原子力発電

修正文

理科の世界3年 p.269 図28 原子力発電 新


p.269
図28 水力発電

原文

理科の世界3年 p.269 図28 水力発電

修正文

理科の世界3年 p.269 図28 水力発電 新


p.284
問題2④ 図
原 文
海洋プレート
修正文
海のプレート

p.284
問題3①
原 文
わたしたちの食料となる作物の収穫量をふやすことができたのは,19世紀から20世紀にかけて何があったからか。
修正文
19世紀から20世紀にかけて,あるものがつくられたことで,わたしたちの食料となる作物の収穫量が上がった。このあるものとは何か。

p.298
右段41-43行目 5④
原 文
電極Yから発生する気体の量が多くなる。また,電極Xに赤い物質が付着する量が多くなる。
修正文
気体の発生するいきおいが増す。

p.299
右段6行目 3①
原 文
化学肥料がつくられた。
修正文
化学肥料

p.299
左段33行目
原 文
C,Hにつながる
修正文
C,Aにつながる

p.302
グラフのかき方 表

原文

理科の世界3年 p.302 グラフのかき方 表

修正文

理科の世界3年 p.302 グラフのかき方 表 新


p.311
周期表 114番元素フレロビウム(Fl),116番元素リバモリウム(Lv)を追加
※2012年に正式名称が決定したため

p.313
イラスト 銀河系の渦巻きを逆向きにし,冥王星の軌道を削除

原文

理科の世界3年 p.313 イラスト

修正文

理科の世界3年 p.313 イラスト 新