BACK TOPページへ戻る NEXT

(8)線対称な図形

実施時期 :1年生3学期(1月)

単元項目 :5章 平面の図形
       :
2節 図形と対称 
       :1 線対称な図形

配  時  :1時間
指導内容 :線対称な図形の性質
 紙を二つ折りにしていろいろな形に切って広げてみると、折り目を対称軸とした線対称な図形となります。線対称な図形では、対応する点を結ぶ線分は対称軸と垂直に交わり、その交点から対応する点までの距離は等しくなります。
  静止画 320×240表示 動画再生 1.86MB
(9)点対称な図形

実施時期 :1年生3学期(1月)
単元項目 :5章 平面の図形
       :2節 図形と対称
       :3 点対称な図形
配  時  :1時間
指導内容 :点対称な図形
 プロペラは一つの点を中心として180°回転させるともとの図形に重なるため、点対称な図形といえます。点対称な図形では,対応する点を結ぶ線分は対称の中心を通り、対称の中心から対応する点までの距離は等しくなります。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.43MB
(10) 動かしてできる立体(1)

実施時期 :1年生3学期(2月)
単元項目 :6章 空間の図形
       :1節 立体とその調べ方 
       :5 動かしてできる立体
配  時  :1時間
指導内容 :図形を線や面の動いた跡としてとらえること
 2人の作業員が手を滑らせて長方形の板が落下するとき、その跡には,角柱ができています。すなわち、円柱や角柱は,底面の図形をそれと垂直な方向に一定の距離だけ動かしてできた立体であるといえます。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.58MB
▲ページ先頭へ戻る
(11) 動かしてできる立体(2)

実施時期 :1年生3学期(2月)

単元項目 :6章 空間の図形
       :1節 立体とその調べ方 
       :
5 動かしてできる立体

配  時  :1時間
指導内容 :図形を回転させてできる立体
 直線lを対称軸として図形を回転させてみると、立体ができあがります。このように直線lのまわりを一回転させてできた立体を「回転体」、直線lは「回転の軸」といいます。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.32MB
(12)直線,平面の位置関係

実施時期 :1年生3学期(2月)

単元項目 :6章 空間の図形
       :2節 空間図形 
       :
2 直線、平面の位置関係

配  時  :1時間
指導内容 :2つの直線の位置関係
 立方体を用い、2つの直線の位置関係を調べます。基準線と「交わる」直線や「平行な」直線の他も、同じ表面上になく交わりもしない直線が存在します。このような2つの直線は「ねじれの位置にある」と言います
  静止画 320×240表示 動画再生 1.86MB
▲ページ先頭へ戻る
(13)円柱の表面積

実施時期 :1年生3学期(3月)

単元項目 :6章 空間の図形
        :3節 立体の体積と表面積 
       :
3 柱体、角すいの表面積

配  時  :1時間
指導内容 :柱体と角すいの表面積の求め方
 円柱の表面積を求めてみます。円柱を展開してみると、円が二つと長方形になることがわかります。したがって、この円柱の表面積は、底面である2つの円の面積と側面積を合わせたものとなります。
  静止画 320×240表示 動画再生 1.35MB
当コンテンツを用いた授業例
  授業例動画   5.44MB 指導案    
(14)おうぎ形の面積

実施時期 :1年生3学期(3月)

単元項目 :6章 空間の図形
       :3節 立体の体積と表面積 
       :
4 おうぎ形の面積と
                 円すいの表面積

配  時  :1時間
指導内容 :おうぎ形の弧の長さと
                  面積の求め方
 おうぎ形の面積を考えてみます。弧の長さがl、半径がrのおうぎ形を細かく切ると平行四辺形のようになります。おうぎ形の面積は、底辺2分のl、高さrの平行四辺形の面積と同じになります。
  静止画 320×240表示 動画再生 2.94MB
▲ページ先頭へ戻る
BACK TOPページへ戻る NEXT